さくらサイエンス

平成30年11月19日(火)から11月28日(木)の10日間、デリ大学(インド)から学生4名、ラジシャヒ大学(バングラディシュ)から教員1名と学生4名、南洋理工大学(シンガポール)から教員1名と研究員1名と学生2名、計13名を受入れました。 「超高密度磁気記録に向けた磁性体の材料開発」というテーマで、薄膜作製実習やマイクロ化総合技術センターのクリーンルームでの微細加工実習を行いました。国際交流は互いの研究環境や文化の違いを体験するとてもよい機会でした。